アクリライトで切り開く新しい未来|工業で業界に革命を

作業員

優秀な素材

今後カーボグラスは普及していきます。

Operator

ガラスをコーティングするシートとして用いられているカーボグラスは、現在様々な建築現場で利用されています。ガラスは建築物の窓や戸に利用されています。ガラスというのは、非常に便利な素材です。ただ、強度が低い素材でもあります。そこでカーボグラスを使用することにより強度が増します。また、カーボグラスは印刷をすることができるのでデザイン性の機能を加えることができます。単に強度を増したり、遮熱効果を加えたりするだけではないといったところが特徴です。このように、カーボグラスには多様性があります。最近の建築物はデザイン性に富んだものが多くなっています。ガラスにデザインをすることは難しいと考えられてきましたがカーボグラスが可能性を広げています。

建材としての役割を担うことも必要です。

このように、カーボグラスは多様性に優れており、加工をすることも容易です。プラスチックのように、穴をあけたりすることもできます。様々な加工ができるので、設計者の自由な発想を具現化することができます。以前であれば、不可能と思われたデザインや形を実現することができるのです。もちろん建築物は住み心地や機能性が大切です。ただ、見た目も非常に大切です。外観において目立つことが必要な建築物もあります。美術館や公共の施設などは外観が特徴的であることは重要です。建築物の可能性を広げてくれるという意味で大変有効な素材であるといえます。ただ注意すべきといえば加工はあくまでも強度を保つことが前提です。建材としての強度が弱くなることにはならないようにすることは必要です。